2018年5月13日

好きなことを、みんなに表現すること

コーヒーを水のように飲むね、とよく言われます。はっぴーです。

ECCのレッスンでは、学習したことをみんなの前で発表する機会が多くあります。幼児さんも小学生も、中学生から大人まで、形態や発表することは様々ですが、経験を重ねるうちにみんな上手になっていっています。

中学生文法クラスの先生で、大学で演劇をやっているKanako先生。Kanako先生の演技は人を惹きつける力があって、何度か観劇させていただきましたが、どれも素晴らしい演目でした。

 

そして今日は、同じく文法クラスの先生で、アカペラをやっているHinako先生のソロ・ライブに行ってまいりました。Hinako先生、カッコよかったですよー。

やりたいことを見つけ、それをみんなの前でのびのびと表現する2人の姿は、とっても眩しいです。

ECCでも、中学生のスピーチコンテストに力を入れておりますが、年々上手になるプレゼンテーションを楽しみにしています。

もちろん、みんながすぐに上手にできるわけではありません。緊張で覚えてきたことを忘れてしまう子、泣いてしまう子だっています。でもそれも、成長の過程と捉えて、私たちはレッスンの中で励ましています。子供たちの中にある、「成長力」のようなものを信じているからです。

今日のHinako先生のパフォーマンスを見ながら、その力強い歌声に感動しつつ、こんな風に好きなことをみんなの前でのびのびと表現できるような生徒さんをたくさん育てていきたいなぁと思ったのでした。

おまけ

一緒に行った友だちとのトークも相変わらず楽しくて、あっという間に終わった日曜日でした。また明日からのレッスンへ、チャージできました。Thanks my friends♡