2019年3月6日

ハイパーボキャスロン!

今年初めて覚えた英単語は、profligate : 浪費する でした。はっぴーです。

1年間で覚えた新出単語を一気に言ってみるアクティビティ、ハイパーボキャスロンが終わりました。私の担当する小学5・6年生クラスでは、160語あまりの単語を3週にわたり、一人ひとり言ってもらいました。

月曜日から金曜日までの5クラスが、5分間という限られた時間で、できるだけたくさんの単語を言っていきます。わからない単語が当たってしまったら、パス!でも、パスの数を言えた総語数からマイナスするよっ!というルールでやってまいりました。

せっかくならばクラス対抗で、賞品も出しましょう!ということに。これは、Joy先生担当の3・4年生クラスでも同じアクティビティをやっております(^^)

5・6年生クラスは、3/5の火曜日クラスで全て終了しました。1位のクラスが言えた総語数は、502語。すばらしいですね!

単語が正しく言えることはもちろん大事ですが、決められた範囲のものを練習してくることも、もっと大事です。

優勝クラスには、賞品をお渡ししますね!

うれしかったのは、とあるクラスで、2週目のボキャスロンが終わり、次週が最後だよ!ということを話すと、

「じゃあ、みんな!来週は誰もパスしないってことで、頑張ろうぜ!」と6年生の男の子が言いました。

このクラスは、小学5年生の女の子5人と、小学6年生の男の子2人のクラスです。この男の子の一言で、最終回のボキャスロン、見事に誰もパスすることなく、5分間、単語をみんなが言えたのですよ!

達成感や成功体験を重ねること、貴重で大切です。

今日もGrace先生と話していたことですが、1回1回のレッスンで大なり小なり、達成感が感じられる瞬間がみんなにあればいいな!と思います。

そうそう、今日はっぴーがいちばんうれしかったことは、来年度はもう一緒に学習できないんだ…と諦めていた中学生男子の生徒さんが、「来年もよろしく」と、登録の紙を出してくれたことです!

また「がんばる」エネルギーもらっちゃいました!